サインで見ると世界はおもしろい 世界サイン紀行 イントロページへ
トップページへ
東京システックのホームページへ 東京システックのページへ
リンク集
サイトマップ
プロフィール ウォッチング 街のマスコット 旅のフォトコレクション 旅のエッセー 本の紹介 メッセージBOX
世界のサイン・ウォッチング
アメリカ合衆国
喧騒のロスでのワンショット

 たまたま訪問した、その日のロサンゼルスはちょっと異様な雰囲気であった。日本人村で昼食を終え「ホテル日航」の前を通りかかったらプラッカードを手にした一団がホテルの周囲をぞろぞろと歩いている。従業員の待遇改善ストの真っ最中であった。表の道路に出てタクシーを呼ぼうとしたら、バリケードで封鎖されている。近くで時限爆弾設置の脅迫事件が発生したとのこと。やれやれと思っていたらその後がまた散々。
  こちらはのんびりとロス見物のつもりでいたら、どこに行ってもパトカーとオートバイがサイレンの音もけたたましく街じゅうをなだれを打って走り回り、封鎖された道路の真中をデモの大行列が進行する。その日は大統領がロスでセレモニーを行うというのでこの騒ぎとなったようだ。それにしてもロス警察の警備はものものしい。広い道路をオートバイや馬に乗った警官がビッシリと二重に立ちはだかる。皆マッチョな大男だからその威圧感は相当なものだが、近づいて警備の列をかいくぐっても、鷹揚に通してくれたりする。隣の警官同士が無駄話をしていたりして結構ルーズなことも発見した。
  封鎖の解除待ち中、目の前のファーストフード店で、素通しのドア越しに怪しい光を発するガラスブロックのカウンターが目に入った。早速店に入りパチリとやったら、カウンターの中から太った女性店長の罵声が飛んできた。慌てて退散したが写真はそのときの貴重なワンカット。そんなわけでちょっと調査不足ながら珍しいネオンの使用事例ではなかろうか。

(2000年 8月)


us02_01.jpg
us02_02.jpg us02_03.jpg
パトカーの洪水 物々しい警備陣
  us02_04.jpg
騎馬軍団も登場
写真をクリックすると大きな画像がごらんになれます。
前へ 次へ
世界のサイン・ウォッチングTOPへ
Copyright © 2002-2006 TOKYO SISYTEC CO.,LTD All Rights Reserved. プライバシーポリシー