サインで見ると世界はおもしろい 世界サイン紀行 イントロページへ
トップページへ
東京システックのホームページへ 東京システックのページへ
リンク集
サイトマップ
プロフィール ウォッチング 街のマスコット 旅のフォトコレクション 旅のエッセー 本の紹介 メッセージBOX
世界のサイン・ウォッチング
エジプト
ロケットとネオンのモスク

  ハーン・ハリーリの交通煩瑣な大通りの面したアラビア風の建物の前で目を見張った。外壁に沿ってステンレスでできたロケット状の突塔が一列に並んでいる。ピラミッドや古代文明に浸ってきた旅行者にとってはいかにも奇異に感じられた。建物屋上にはエジプトでは珍しいネオン文字。何かと思えばそれがモスクだった。ガイドブックには説明書きがないから、そう有名なモスクではなさそうだが、かなりのスケールである。つい興をそそられ中に入ってみた。入り口で靴を脱いで、係りの人に預ける。浪々とコーランの読経が響き、広い礼拝堂には三々五々お祈りする人たちがいる。ちょうど夕刻のお祈りの時間だったのだ。読経者が見当たらないところを見ると、声の主は録音テープだったようだ。内部は外見のけれんみはなく、取り立てて特徴はない。しかし、宗教空間に共通する澄み切った空気が流れる。ここはカイロの人々の日常の祈りの場なのだ。人々に混じって、しばし床に座っていたら心が和んだ。
  エジプト人の90%はイスラム教徒だが、戒律は比較的に緩やかで、毎日の礼拝もする、しないは自由である。熱心な信者は時間が来れば場所を選ばずお祈りする。そんな姿が旅の先々で目に付いた。

egypt03_01.jpg
写真をクリックすると大きな画像がごらんになれます。
前へ 次へ
世界のサイン・ウォッチングTOPへ
Copyright © 2002-2006 TOKYO SISYTEC CO.,LTD All Rights Reserved. プライバシーポリシー