サインで見ると世界はおもしろい 世界サイン紀行 イントロページへ
トップページへ
東京システックのホームページへ 東京システックのページへ
リンク集
サイトマップ
プロフィール ウォッチング 街のマスコット 旅のフォトコレクション 旅のエッセー 本の紹介 メッセージBOX
世界のサイン・ウォッチング
エジプト
エジプト文字は簡単?

  古代エジプトの象形文字であるヒエルグリフがこんなにも簡単に使いこなせるとは意外だった。というのも象形文字としての本来の意味はともかく、一語一語がアルファベットの音に符合するからだ。その該当する文字を並べるだけで、いかなる人名もたちどころにヒエログリフで表記される。
  自分の名前をヒエログリフでデザインした金製や銀製のペンダントがお土産として大人気だった。私もつられて家内と娘と息子の新妻にこのペンダントをあつらえた。名前は楕円の枠の中に掘り込まれたが、この形式はカルトゥーシュといい、古代エジプトでは王と王妃の名前だけがこのように記された。つまり、現代人は誰しもが王の特権を享受できるというわけだ。ペンダントの裏面にはクレオパトラのカルトゥーシュが表されていた。彼女の美しさにあやかりたいという意味だろう。
  ナポレオンが持ち帰ったロゼッタ・ストーンがヒエログリフの解読に貢献したが、その解読の足がかりとなったのがほかならぬ、カルトゥーシゥだったというから面白い。デザイン的にも完成度が高いこの文字は筆記が難しく、筆記者としての書記の地位は相当に高かったという。写真はカルナック神殿の巨大列柱に記されたカルトゥーシュ。

(2003年1月)

egypt02_01.jpg
写真をクリックすると大きな画像がごらんになれます。
前へ 次へ
世界のサイン・ウォッチングTOPへ
Copyright © 2002-2006 TOKYO SISYTEC CO.,LTD All Rights Reserved. プライバシーポリシー