サインで見ると世界はおもしろい 世界サイン紀行 イントロページへ
トップページへ
東京システックのホームページへ 東京システックのページへ
リンク集
サイトマップ
プロフィール ウォッチング 街のマスコット 旅のフォトコレクション 旅のエッセー 本の紹介 メッセージBOX
世界のサイン・ウォッチング
オーストラリア
ザ・ガン号
エアーズ・ロックへ行くにはいくつかのルートがあるが、私たちはアデレードからの列車の旅であった。「ザ・ガン号」というこの列車はアデレードを基点にオーストラリア大陸を南北に横断し、北端のダーウィンまで行っている豪華列車である。

ガンとはどういう意味なのかと思ったらアフガンのガンとのこと。列車がまだない頃、このルートの旅は駱駝によった。その駱駝がはるばるアフガニスタンから運ばれてきていたのだ。ロゴマークの駱駝はそういうことだったのだ。

夕刻6時の出発直前、ホームで乗務員が勢ぞろいして華やかなセレモニーが行われる。それから翌日正午のアリス・スプリングス到着まで、19時間の列車の旅は快適だった。一人用の客室は洗面設備付きで、合理的に設計されている。
食堂車がまた素晴らしい。料理の味もウエイトレスのサービスも陸の一流店並み。食事を終え個室に戻ればちゃんとベッドがセットされていた。

車窓には赤土の大地に背の低い潅木がまばらに生えるだけの風景が続き、退屈すればゆったりしたロビーでくつろぐことが出来た。
australia02_01.jpg
australia02_02.jpg
写真をクリックすると大きな画像がごらんになれます。
前へ 次へ
世界のサイン・ウォッチングTOPへ
Copyright © 2002-2006 TOKYO SISYTEC CO.,LTD All Rights Reserved. プライバシーポリシー