サインで見ると世界はおもしろい 世界サイン紀行 イントロページへ
トップページへ
東京システックのホームページへ 東京システックのページへ
リンク集
サイトマップ
プロフィール ウォッチング 街のマスコット 旅のフォトコレクション 旅のエッセー 本の紹介 メッセージBOX
旅のフォトコレクション
自転車のある風景
自転車という乗り物は不思議なもので、誰もいない風景の中にポツンと自転車が一台あるだけで、その風景が暖かく親しみあるものに見えてきます。人間の足ともいうべき、一体感を持った乗り物だからでしょうか。あるいは、人間のように擬人化されて見えるからでしょうか。

運河の街アムステルダムは橋の街でもあります。橋と一台の自転車がいい風景を造っていました。この自転車のカラーリングがなかなかオシヤレですね。

photo00w_05_01.jpg
写真をクリックすると大きな画像がごらんになれます。

同じオランダのハーグは静かな落ち着きのある町です。国立美術館のそばに大きな湖がありました。持ち主を待つような自転車に風情を感じました。

s_photo00w_05_02.jpg
写真をクリックすると大きな画像がごらんになれます。

ドイツのロマンチック街道はバスで通過するだけではもったいないような美しい街道です。この女の子のように、さっそうとサイクリングしてみたいなと思いました。

s_photo00w_05_03.jpg
写真をクリックすると大きな画像がごらんになれます。
トルコのカッパドキアで、いかにもムードのあるホテルが目に付きました。整備の行き届いた庭を過ぎると奥の玄関わきに、こんなきれいな自転車が勢ぞろいしていました。建物の壁や床ともピッタリとマッチしています。
s_photo00w_05_04.jpg
写真をクリックすると大きな画像がごらんになれます。

アルゼンチンのブエノスアイレスにはカミニートという町があります。家々の壁がこんな色調で統一されていて面白い雰囲気です。ベランダの自転車も演出に一役買っています。
photo00w_05_05.jpg
写真をクリックすると大きな画像がごらんになれます。
  ルーマニアのブィシュテァ村は代々石工の家が多く、大変裕福な村のようです。通りがかりのかわいい女の子が真新しい自分用の自転車を前にポーズをとってくれました。いかにも幸せそうな笑顔でした。
photo00w_05_06.jpg
写真をクリックすると大きな画像がごらんになれます。
前へ 次へ
旅のフォトコレクションTOPへ
Copyright © 2002-2006 TOKYO SISYTEC CO.,LTD All Rights Reserved. プライバシーポリシー