サインで見ると世界はおもしろい 世界サイン紀行 イントロページへ
トップページへ
東京システックのホームページへ 東京システックのページへ
リンク集
サイトマップ
プロフィール ウォッチング 街のマスコット 旅のフォトコレクション 旅のエッセー 本の紹介 メッセージBOX
旅のエッセー
西洋「食」事情けちょんけちょん
[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ]
名物にうまいものなし

  近年のグルメブームで、海外ツアー参加者の中には美味しいもの、珍しいものを食べたいということも目的の一つに持って出かける人が結構多いのではなかろうか。旅行社の案内パンフレットには「どこそこでは名物料理の何々をご賞味いただきます」などとうたっていることが多いことからもそのことが察せられる。しかし、その名物料理ほどあてにならず、期待を裏切られるものはない。私など何でもいいからとにかく喉に通るものを出してもらえさえすれば結構ですとさえ言いたい。「名物にうまいものなし」はわが国の言い習わしだが、それは世界中どこでも当てはまるようだ。

essay05_03_02.jpg
レストラン街イロ・サクレ地区
essay05_03_03.jpg
ムール貝料理の老舗「Leon」
※写真をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
そんな経験を昨年の夏、ベネルックス三カ国を旅したときにも味わった。ブリュッセルであちらの名物料理ムール貝のワイン蒸しというのを食した。それも有名なレストラン街イロ・サクレ地区にあるムール貝料理の老舗店で、である。貝料理はヨーロッパではめったに味わえないから期待が高まる。前菜のあと深鍋に盛られたムール貝が出てきた。小ぶりの黒い二枚貝はイタリア料理のスパゲッティやリゾットの具でおなじみの貝である。殻をピンセットのようにして身をつまみ出し、そのまま口に運ぶのが食べ方のコツ。
essay05_03_01.jpg
※写真をクリックすると大きな画像がご覧いただけます。
この店では分量で大と小があってわれわれが食したのは小のほうだったが、それでも鍋が空になる前に飽きがきた。なんとも大味なのだ。これなら日本の居酒屋で出してくれるアサリの酒蒸しのほうがよほど味わい深い。この貝は日本のスーパーでも売っているが、値段が安い割にはあまり食材として利用されることはないようだ。魚類にかけては世界一のグルメを誇る日本人の口には合わないのだろう。そんな貝をうまそうにかぶりついているヨーロッパ人の気が知れない。そもそもあちらではムール貝程度しか獲れないのだろうか。

ヨーロッパの主食はジャガイモ

  日本人が米を主食にするのに対して、ヨーロッパ人の主食はパンでもなければ肉でもない。パンは常に食卓にのせられ、なくなればいくらでも出してくれるが、その位置づけは料理の口休めか付け合せ程度ではなかろうか。彼らが最も多く食べるもの、毎食食卓に出されるものといえばジャガイモなのだ。ゆでる、つぶす、あげるとあらゆる形で料理され常に皿にのっていて、それもかなりのボリュームなのだ。もっともメインの料理がまずくてジャガイモだけ食べることもままあった。

しかし、残念なのは日本の卓上ソースにあたるものがないのだ。ヨーロッパ料理の味はソースで決まるとはいうが、それはコックが手作りするもので、それなりの料理にあらかじめかけられて出てくるだけ。食卓には塩とコショー以外の調味料はない。オランダでは日本のコロッケによく似たジャガイモ料理がよく出た。形も大きさも日本の蟹コロッケとよく似た形だが中身はジャガイモだけ。これに塩をかけただけではあまりぴんとこない。ウスターソースがあったらどんなに美味しく食べられることかと何度も思ったものだ。食卓に卓上ソースが置いてないのはヨーロッパでもアメリカでも同じ。あちらの人間はキッコーマンの出しているソースの味を知らないのか、それとも舌がよほど鈍感なのだろう。
昔はじめてオランダに行ったとき、腹をすかせて昼食のテーブルについたら出てきたのが、前菜のサラダのほか大皿に盛られた小ぶりのふかしジャガイモだけ。戦争直後の食事風景を思い出した。それも皮付きのままで、それを剥いて塩をかけて食べるのだが、いくら腹がへっていてもそうたくさん食べられるものではない。もっともそのときは旅行社の予算が関係していたかもしれない。

チーズの国の弁当

  オランダは酪農の国で、この国のチーズは有名。日本の鏡餅のように大きく丸い形をしていて、それを薄くスライスして食べる。表面は硬くコーティングしてあり、切り口を下にして置いておけば長期保存できる。ヨーロッパ人は概して食に関しては質素だが、中でもオランダ人の倹約ぶりは有名で、ほかのヨーロッパ人の笑い話の種にさえなっている。割り勘のことをヨーロッパでダッチ式というほどだ。なにしろ朝も昼もスライサーで切った薄いチーズをはさんだパンだけなのだ。「今日は女房が寝坊をして、昼の弁当を作る時間もなかったよ」と聞いても日本人はなんとも思わないが、オランダ人ならニヤニヤする。パンにチーズをはさむだけなら2,3分もあれば十分だが、そんな時間もなかったという次第なのだ。子供の弁当づくりに2,30分はかける日本の主婦には考えられない。このチーズも薄ければ薄いほど旨いというのがオランダ人の持論だそうだ。この国の人たちもほかのヨーロッパ人の例にもれず夏は一家総出で長期のバカンスに出かけるが、自家用車で出かけて食事はパンやチーズも持参するからほとんど金を使わない。彼らはその分を家にかけるのだろう。家はどんな地方都市に行っても、農家や漁村でさえも立派だ。

次へ
旅のエッセーTOPへ
Copyright © 2002-2006 TOKYO SISYTEC CO.,LTD All Rights Reserved. プライバシーポリシー