サインで見ると世界はおもしろい 世界サイン紀行 イントロページへ
トップページへ
東京システックのホームページへ 東京システックのページへ
リンク集
サイトマップ
プロフィール ウォッチング 街のマスコット 旅のフォトコレクション 旅のエッセー 本の紹介 メッセージBOX
旅のエッセー
ネオン煌く砂漠の幻想都市・ドバイ、アブダビの都市とサイン(アラブ首長国連邦・ドバイ)
[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ]
 私がアラブ首長国連邦のドバイという都市に並々ならぬ関心を持ったのはJCBの会員向け広報誌「THE GOLD」の特集記事を見たのがきっかけであった。「オアシス進化論」と名打ったその記事の大半が1999年末に完成した「バージュ・アル・アラブ」というリゾートホテルの写真による紹介に当てられていたが、
1: ヨットの帆を思わせるバージュ・アル・アラブの外観
アラビアンナイトの世界を現代に甦らせたかのような絢爛たる内部空間と調度の見事さ、高さ321メートルに及ぶ建物の天空高く吹き抜けとなった巨大空間は今まで目にしたこともない不思議な造形に満ちていた。しかも風をはらんだ白帆のように軽快に見える外観が現代ハイテク技術の粋を結集したことは明確で、その先進的なデザインが内部のイメージといかにも結びつきにくい。“世にこんな建築物が存在するのか”という軽い衝撃とともにこのホテルの建つドバイという都市に惹きつけられ、生涯行けるあてはないだろうと思いつつもこの記事はしっかりと私の重要参考ファイルに綴じこまれた。
  ところが今年の初め、そのドバイでサインとグラフィックの展示会が催され、私が所属する(社)全日本ネオン協会の会長宛にスピーカーとしての招請状が届いた。正に天与の声、千歳一隅のチヤンスと思え即座に随行を申し出た次第である。
  もっとも正直なところ、果たしてそんなアラブの砂漠の街にサインフェアーを開くだけの広告需要があるのか、ましてネオンが存在するのか、大いに疑問に感じた。しかし、その後ガイドブックを紐解けば、スーク・ムーシッドという街は夜になるとネオンもギンギンで目がチカチカしそうと書いてあるではないか。また、隣のアブダビに数年間赴任経験のある商社マンに情報入手でお会いしたら、アブダビの街もネオンが盛んであるとのこと。「まんざらでもなさそうだ」とは読めてきたが、いざ行って実際に自分の目で確認したこの国のネオンサインにはビックリのほかなく、私の予想をはるかに越えていた。量的に日本の都市に勝ることは確実である。
  そんなネオン情況の報告はさておいて、この都市の成り立ちを述べるのが先決だろう。
アラビア半島のペルシヤ湾沿いに位置するアラブ首長国連邦は7つの首長国で構成され、ドバイは首都アブダビに次ぐ首長国である。
2: 大胆なデザインの高層ビル群
ほんの少し前までは砂漠の中の一筋のクリークに沿った、ひなびた集落の港町に過ぎなかったが、突如アラビア湾に噴出した大量の石油がこの街を大変貌させた。 それは、わずかに30年ほど前のことに過ぎない。そのわずかな間に、この国は世界の商社が集積する中東貿易の中継地として、また第一級のリゾート都市として生まれ変わった。整備された広い道路網、緑鮮やかな芝生とさわやかな街路樹の連なり、そして林立する超高層ピル群にオイル・マネーの底知れない力を痛感しないわけにはいかない。
  そのビル群の大胆なデザインには目を見張らされた。アメリカ的でもヨーロッパ的でもなく、アラビア独特の豊かな装飾性を近代技術と潤沢な資金力で造形した近未来的な都市の風貌は魅力に満ちていた。それはまさに私のかって体験したことのない異次元空間であった。
次へ
旅のエッセーTOPへ
Copyright © 2002-2006 TOKYO SISYTEC CO.,LTD All Rights Reserved. プライバシーポリシー