サインで見ると世界はおもしろい 世界サイン紀行 イントロページへ
トップページへ
東京システックのホームページへ 東京システックのページへ
リンク集
サイトマップ
プロフィール ウォッチング 街のマスコット 旅のフォトコレクション 旅のエッセー 本の紹介 メッセージBOX
旅のエッセー
名門百貨店ハロッズのハロッズ的トイレ体験(イギリス・ロンドン)
[ 1 ] [ 2 ]

 「下水道の施設率はその国の文化レベルに比例する」とはよく言われるが、公衆トイレの設置率は文化レベルに比例しないようで、先進国の旅でもトイレには常に苦労させられる。中央アジアのウズベキスタンに行ったとき、後楽園球場ぐらいに広いバザールでトイレが一箇所も無いと聞かされ、ここに来る人たちは生理現象をどう処理しているのかと不思議に思ったものだが、先進国でもそんなことを考えさせられることがしばしばである。
 昨年の夏イギリスを旅し、ロンドンの街をまる一日半歩き回ったときもトイレには苦労した。地方の観光地では当然公衆トイレが完備していたが、全域が観光地とも言うべきロンドン市内ではどこへ行ってもこの公衆トイレが見当たらないのだ。日本では地下鉄や電車の乗り降りで駅のトイレを利用すれば大概事はかたづく。しかし、驚いたことにロンドンの地下鉄にはどこの駅にもトイレがない。ウズベキスタンで何度も日本に来たことがある日本通の女性ガイドが「始めて日本に来て一番感心したのは地下鉄の駅にトイレがあったことです」と言うから、こんなことごときに何でまた感心するのかと不思議に思ったものだが、ロンドンで「なるほど」と腑に落ちた気がした。かの大英帝国のロイヤル教会ともいうべき大ウェストミンスター寺院にしてトイレがないのだ。もちろん内部の人間が使うものはあるのだろうが、観光客用のは見当たらなかった。そのとき私はここならトイレにありつけると半分その目的で入場したので、見学の路順を歩きながらかなり注意をしてサインの表示を探したから、見落とすことは無いはずだ。

1:ハロッズの外観

 さてハロッズだが、この百貨店は1849年の創業、英王室ご用達の老舗であり、数年前自動車事故で亡くなったダイアナ元妃の婚約者がこの百貨店の経営主の息子であったことでも有名になった。ご存知の通り、経営者がアラブ人の富豪であったことから事故は結婚の阻止を意図した狂信的国枠主義者の陰謀説まで飛ぴ出した。
 建物内部のアールヌーボー様式の装飾が素晴らしいと聞いていたので、今回のツアーでも是非見てみたいと思っていた。なるほど、古代エジプトをモチーフとした吹き抜けのエレベーター周りの装飾が豪華なこと、デパートとは思えないぐらいで金もかかっていそうだ。

2 :アールヌーボー様式の装飾

家具売り場をのぞいたら、陳列家具のほとんどが細かい細工をほどこした古典調で一瞬骨董品コーナーかと思ったくらいだが全て新品だった。もっとも英国人は何かにつけて古いものを好み、使い古してあっても骨董家具を求める人が多いそうだが。

 後学のためトイレも是非拝見したいものと思っていた。日本のデパートでは各フロアのエスカレーター付近にその階の見取り図を掲げ、トイレの位置も明示してあるのが普通だが、ハロッズではそのようなものは見かけなかった。トイレも各フロアにはないようで何フロアか探し回り、方向表示の吊り下げサインを見つけたときはほっとした。

3:方向表示の吊り下げサイン
次へ
旅のエッセーTOPへ
Copyright © 2002-2006 TOKYO SISYTEC CO.,LTD All Rights Reserved. プライバシーポリシー